葬儀場なら信頼のタムダンバ

都心の葬儀場で主流になっている家族葬を中心にお葬式の実際をご紹介

かかる費用を抑えて満足できる家族葬にするには

葬儀の本質をきちんと捉えた家族葬

ご遺族が故人との最後のお別れをきちんとすることが葬儀の最大の目的です。
それが、告別式が盛大になればなるほど、遺族は参列者の接待に追わればたばたしてるうちに葬儀が終わることがあります。
それでは葬式をやってる意味が無いということから、弔問者を遺族や特に親しい方だけにして、生前好きだったことをやったり、遺体の棺を集めていたコレクションとか長年愛用していたものをいれるなど、参列者に必要以上気を使う必要なく、故人との最後の時間をどのように過ごすかを身内で決めるのが家族葬です。

家族葬の費用はプラン次第です

家族葬でも費用のかけ方、業者が選択したプラン次第では、30万から100万円以上かかる場合があります。まず、見積に遺体を入れる棺とドライアイス、搬送費用、飲食代、火葬代金、会場費用などを全て確認することです。
これらを調整するだけでかなりの差が出てきます。宗教関係でお坊さまを呼んだ場合、お布施としてして支払う代金を検討しなければなりません。
墓が寺に無い場合や仏教やキリスト教などこだわりが無ければ、お布施が不要になることもあります。
要はお経をやらない場合です。

葬祭場と葬儀屋さんを選ぶポイント

葬儀屋選びですが、規模や形態は業者によってさまざまですが地域の事情に精通して、集金や打ち合わせまで一貫して同じ人が担当者についてるところを薦めます。
また故人が病院で入院中、葬儀屋の担当者または営業マンも顔をあわす機会がたびたびあります、お見舞いがてらに相談にのってくれることがあることや、何度か会ううちにどんな人か遺族が知ってる分、その人が勤めている葬儀屋にたのむケースもあります。
また近場の斎場を選ぶという場合もあるようです。
これは町屋斎場のように複数の火葬場を持っている大規模斎場が近くにあるときに選ぶことが多いようです。
詳しくはこちらの町屋斎場のような、各斎場の御相談窓口に聞いてみて下さい。
今はインターネットである程度情報を調べられることができ、メールのやり取りだけで決めることがありますが、最低でも一度は直接あって話をすることを薦めます。

葬儀場なら信頼のタムダンバコンテンツ一覧