葬儀場なら信頼のタムダンバ

都心の葬儀場で主流になっている家族葬を中心にお葬式の実際をご紹介

家族葬を頼む際に気をつけたい3つのこと

家族葬ならではのチェックポイントがあります

家族葬は、日本の大不況の中で生まれた「小さなお葬式」です。葬祭の平均費用120万円と言われていた時代を脱出し、最近では40万円以下で出来る葬祭が認知されてきているのですが、こういった小規模のお葬式には、実は気をつけなければならない点がいくつも存在します。
何も知らずに利用してしまうと、期待以下の葬儀をすることになってしまいがちなので、「家族葬についてよく知らない」という方は以下の3つのことに注意してみましょう。

家族葬を頼むならこの3つを注意しよう

1.家族葬専門の業者の方が安心で確実です

まず、一つ目の注意点ですが、「家族葬を選ぶ際は、小さなお葬式に特化した葬儀社を選ぶ」のが鉄則です。
最近では時代の流れに乗じて、「小さなお葬式」を専門に扱う葬儀社が増えてきています。
こういった葬儀社は、低価格で提供するために様々な相談に乗ってくれるので、家族葬を行うのであれば最適です。

2.感情に訴えかける不謹慎な葬儀屋に要注意

また、二点目の注意点には「かわいそう、という言葉を多用する業者は避けるのが吉」ということが言えるのですが、葬祭業界には悪徳業者もいます。
そういった業者は何かにつけて「かわいそうだからもっと大きな花にしませんか」、「かわいそうなのでもっと大きな壇上にしませんか」といったことを言ってくるのですが、こういった業者はセールストークとしてそういったことを言っているので、聞き入れてはいけません。
そういった業者に遭遇した際は、早めに依頼を取り消すようにしましょう。

3.オプション料金をきちんと確認しましょう

また、三つ目ですが、「火葬料金、ドライアイスの料金が別枠になっている場合」はかなり注意が必要です。
こういった場合は、最初だけ安い価格を提示しておいて、後から高額料金を提示してくる可能性があります。
おかしな業者に頼むと家族葬に料金がかかりすぎてしまうので、気をつけるようにしましょう。

葬儀場なら信頼のタムダンバコンテンツ一覧